【サンタさんからのご注文】ままごとキッチン

もう10年以上も前のことになります。
サンタさんから良い子にしている子供のために特別なプレゼントをしたいので、ままごとキッチンを作ってほしいと頼まれました。
ままごとキッチン・3口コンロ・オーブンレンジ付き(オーダー)/okamoku

ハートのままごとキッチン・3口コンロ・オーブンレンジ付き(斜め)

そのままごとキッチンはとても大きく、2人で並んで料理しても余るほど。レンジやシンクや3口のガスコンロなど、装備も充実した立派なものでした。

ままごとキッチン、コンロと引き出し

ままごとキッチン、お盆を兼ねた引き出し

ままごとキッチンのお盆

ままごとキッチン、コンロの五徳(3口仕様)

当時は、ハートと波飾りの付いたカントリー家具が流行りで、このままごとキッチンにも、ハートのくり抜きや波飾りが装飾してあるのが分かります。手間をかけ、工夫をし、一生懸命に仕上げたことを思い出します。

最近は、私たちのような職人が作らなくても、お手頃な価格でままごとキッチンも購入できる時代になったんですね。記事を書くときに検索して初めて知りました。

私はこのままごとキッチンがどこに届けられたのかは知りません。
サンタさんから、ままごとキッチンが届いた子は喜んでくれただろうか。いま何歳になっただろうか。。。

 

お客様からのお手紙が元気をくれるのです

今年になってから闇に入ってしまい、身も心も不調で、特に今年の下半期は、ボロボロ、ガタガタの状態になってしまいました。
いろんな面でお客様に迷惑をかけることもありました。

そんな中、客様から喜びの声や感激の声、身体についてのお気遣いの言葉をいただきます。

私は家具を作るとき、お客様が何を求めているのか、どのような使い方をしたいのか、などを想定し、お聞きし、丁寧な仕上がりを心掛けながら、己の技量を見せつけるためや自己満足のためではなく、お客様のために家具を制作しています。

そうしてできたokamokuの作品には魂が入ります。そう信じています。

そして家具を出荷する際には、お届けした家具を満足してもらえるのか、喜んでいただけるのか、イメージと違っていないだろうか、など、いつもそのようなことを考えながら家具を送り出しています。過去に送り出した家具達も、今どうなっているのかな、などと思っています。

okamokuでは、お客様に感想を送ってもらう事を強くアピールすることをしていません。だからHPにご紹介できるお客様の声も少ないです。

でも、そうした中で届くお客様の声には、真の喜びと感動が詰まっています。
お客様からのお手紙にもokamokuの家具同様に魂が入っています。

そんなお客様のお気持ち、魂からの喜びが、私に元気をくれるのです。

感謝しています。お客様ありがとう。。。

新入社員?

okamokuの雑貨店のリニューアル&毎年恒例の周年セールが終わって一息たったころ、小雨降る中、生後1年経たないくらいのまだ子供の迷いネコがやって来た。

怯えることも媚びることもなく、ものおおじせず、あたかも工場が自分の家であったかのように知れっとやって来たのだ。
少し痩せているのが気になるが、とても人馴れしており、誰かが世話をしていた事がうかがえる。

雨が降っているのでその日は工場の事務所で泊めてあげることにしたのですが、「ここはお前の家か!」っていうくらいにリラックスして寝ていました。

翌日になっても一向に家に帰る様子がない。

夕方になり、きっと裏のアパートで誰かがエサをあげていたんだろうと思い、その猫ちゃんを連れて行こうと歩き出すと、なんと着いて歩いてくるのです。
DSC_0718-1000

おおぉ、お前可愛いな~と、思わず携帯のカメラで写真を撮ってしまいました。

DSC_0719-1000

DSC_0720-1000

丁度、裏のアパートに着いたあたりで、猫ちゃんが居なくなったので、よかった、これで安心だと工場へ戻り、しばらくすると、なんと猫ちゃん戻って来たのです。

DSC_0726-1000
そして爆睡。

DSC_0724-1000
頭をゴチンしながらも爆睡。

なんじゃこれww
 

DSC_0732-1000

DSC_0733-1000
そして店番?までする始末。

この猫ちゃん、人に爪を立てないし、お店の商品に悪戯もしない。
太々しいのではなく、かなり頭の良い猫ちゃんのようです。

店長にこの猫なんなんだろうねぇ?と聞くと、「うちで働きたいんじゃない」(笑)

いついなくなるかわからないけど、飼い主が現れるまで預かるしかないようです。

しばらくはokamokuの看板息子として働いてもらいますかw

フレンチテイストな白塗りつぶしのテレビ台/神奈川県N様邸

神奈川県N様からオーダーいただきました白塗りつぶし仕上げのテレビ台です。
白塗りつぶし仕上げオーダーテレビ台
白塗りつぶし仕上げのテレビ台(天板の飾り面)

ゴテゴテした装飾を控えた、カチッとした大人のイメージでデザインし、淡いクリーム色と金色のつまみとの相性が抜群な、フレンチテイストなテレビ台に仕上がりました。実際には白色と言っても真っ白ではなく、お客様のお部屋に使用してあるドアや巾木の色に合わせた、淡いクリーム色で仕上げています。

横幅は約180cmで、壁にテレビ台を設置するためのへこみがあり、そこにはめ込む形で制作しています。寸法はお客様が採寸をして、それを基に当工房で図面を描き、電話とメールで打ち合わせをしながら、細かな仕様や納まりなどを決めています。3方が壁になっている場所への設置となるため、打ち合わせは慎重に、少しでも不安要素があればアドバイスをし確認を繰り返しながら詳細を煮詰めていきました。

配送日の当日にお客様から電話があり、「ぴったりでした!」と喜びのお声を頂戴いたしました。
白塗りつぶし仕上げのテレビ台/設置後

実際に現場を見れない状況での遠方のお客様との打ち合わせや制作には、時間もかかりますし神経も使います。お客様の意思意向をくみ取り、最善を尽くして出来上がった家具をお届けして、それを手にしたお客様が満足をしてくれる。お客様から喜びの声を頂ける。それが私共にとって何よりもの励みになります。ありがとうございました。

お客様から頂いたお手紙はこちら。

 

【パイン家具工房okamokuホームページのご案内】
okamokuでは、お客様のご希望の寸法と仕様の合わせた完全オーダーメイドのパイン家具を制作しています。オーダー・お問い合わせは「パイン家具工房 okamoku」HPよりお問い合わせください。

 

「こっぱ」ハンドメイド市場からのレポート

今日は雑貨店の方が、名古屋のイベント「ハンドメイド市場に」出店しております。
そこから、Twitter & インスタグラム(Instagram) に写真がUPされました。


 
コッパ、こっぱ!?なんじゃそりゃ???

そうです、木材の切れ端→木の端っこ→木っ端→こっぱ
これ本当の話しなんです。

で、それを何に使うかと言いますと、ハンドメイド用の素材です。
木のタグを作ってネックレスのチャームにしたり、組み合わせてミニチュアを作ったり、作品の土台にしたりと、使い方は自由&無限です。

ちなみにこれが店長が何年か前に作ったウッドチャーム
ウッドタグチャーム
めっちゃかわいいんですよね。
 

今日は「こっぱ」についてのお話でした。

 

【雑貨店通販ページのご案内】
まだ準備中ですが、オリジナル雑貨や木工品、ハンドメイド素材などを通販にてお買い物ができるように準備をしております。
ナチュラル雑貨、ハンドメイド素材 通販 | Ma’s Holiday
もちろん、こっぱも販売する予定です。