お客様からのお手紙が元気をくれるのです

今年になってから闇に入ってしまい、身も心も不調で、特に今年の下半期は、ボロボロ、ガタガタの状態になってしまいました。
いろんな面でお客様に迷惑をかけることもありました。

そんな中、客様から喜びの声や感激の声、身体についてのお気遣いの言葉をいただきます。

私は家具を作るとき、お客様が何を求めているのか、どのような使い方をしたいのか、などを想定し、お聞きし、丁寧な仕上がりを心掛けながら、己の技量を見せつけるためや自己満足のためではなく、お客様のために家具を制作しています。

そうしてできたokamokuの作品には魂が入ります。そう信じています。

そして家具を出荷する際には、お届けした家具を満足してもらえるのか、喜んでいただけるのか、イメージと違っていないだろうか、など、いつもそのようなことを考えながら家具を送り出しています。過去に送り出した家具達も、今どうなっているのかな、などと思っています。

okamokuでは、お客様に感想を送ってもらう事を強くアピールすることをしていません。だからHPにご紹介できるお客様の声も少ないです。

でも、そうした中で届くお客様の声には、真の喜びと感動が詰まっています。
お客様からのお手紙にもokamokuの家具同様に魂が入っています。

そんなお客様のお気持ち、魂からの喜びが、私に元気をくれるのです。

感謝しています。お客様ありがとう。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)